企業情報

会社名    : アルドセイフティ株式会社
        (英語表記:ALDO SAFETY Inc.)
代表取締役  : 富山嘉文
所在地    : 〒103-0011 東京都中央区日本橋大伝馬町13-7
メールアドレス: info@aldosafety.com
ホームページ : https://www.aldosafety.com
設立     : 2021 年 3月 予定 *準備中
事業内容   : 自然災害によるリスクの診断、立地診断、備えについてのリコメンデーションとご支援


会社名の由来

グーテンベルクの活版印刷術は技術史を画する大発明です。しかし、この発明が社会の豊かさにつながるのには、もう一つ別の要因があったことがあまり知られていません。それは、この発明から何十年かあと、ヴェネツィアに生まれた出版業です。出版業という産業の登場によって,グーテンベルクの発明は社会の豊かさとして結実しました。その出版業を創始したのがAldo Manuzio (アルド・マニーツィオ)というひとでした。
自然災害からの安全を支える科学技術は多岐にわたります。その中のひとつに気象予測技術があります。予測技術の発展にはめざましいものがありますが、それがただちにわたしたちの安全に寄与するわけではありません。安全(セイフティ)のためには、予測技術と多分野の科学技術の最新の成果が、ひとりの住民・事業所の視点で統合されなければなりません。
アルド氏によって出版業が生まれたように、アルドセイフティによって「セイフティ」を提供する新しい産業が登場することになると考えています。


設立メンバー

代表取締役:富山嘉文 Yoshifumi Tomiyama
1961年生まれ。早稲田大学地球科学教室卒。

日本アイ・ビー・エム株式会社に入社しSE、営業、製品ブランドとしてお客様の業務改革および大手ネット企業様を担当し最新のITソリューション提案に携わる。IBM Certified Sales Profession。 後に、レッドハット株式会社でSenior Account Managerとしてオープシステム(OSS)とサブスクリプションビジネスの事業に従事。

金融事業(メガバンク/証券/損保/政府系金融機関)を担当し主な案件に「某政府系金融機関–4社13台のメインフレームを全廃, 年間のシステム維持費を25億円削減」(日経コピュータ,2015)がある。

その後、ゼネラル・ビジネス・サービス株式会社で経営企画担当部長、事業推進本部長を歴任する。

創業者:冨山芳幸 Yoshiyuki Tomiyama
1951年生まれ。名古屋大学理学部物理学科卒。気象予報士、防災士。

高校教諭(物理)を経て株式会社ウェザーニューズなどの民間企業に勤務。専門は気象予測のためのアルゴリズム開発とリスクマネジメント、特に確率予報を用いた不確実性のマネジメント。

講演に「伊勢湾台風40周年記念講演会」(建設省第5港湾建設局,1999)など、論文に「関東地方の降雪にかかわる気温急低下」(気象学会,2001)などがある。
日本気象学会会員、米国気象学会(American Meteorological Society)正会員。


パートナー

Weather Data Science

 https://www.weatherdatascience.tokyo/

加藤 芳樹 Yoshiki Kato
東京大学大学院理学系研究科地球惑星科学専攻(気象学)。

ウェザーニューズ社内選抜でオクラホマ大学NationalWeatherCenterへ留学。

​ 航空気象研究会にて「AIによる成田空港の霧予測実験」発表。

加藤 史葉 Fumiyo Kato
エネルギーベンチャーで気象に係る業務の主導やデータ分析の他、太陽光発電予測アルゴリズムや太陽光発電設備の故障検知アルゴリズムを開発。

個人事業で東日本大震災被災地の自治体新電力へ太陽光発電予測サービスを提供。

共通キャリア
ウェザーニューズ社で予報業務の実務経験、​一般予報(長期・短期)をはじめ航空・航海等の交通気象など様々なコンテンツの予報業務や各種予測アルゴリズム開発etc.。航空会社での航務業務。DataMix社データサイエンティスト養成講座修了、東京大学松尾研究室主催DeepLearning講座修了。


ダミー画像