プライベート・ワーニング

あなたの防災体制の段階移行(注意体制⇒警戒態勢など)の目安となるシグナルを自動的に発信する仕組みです。利用者ごと、ハザード(災害の原因となる洪水や土石流などの自然現象)ごと、さらには対応の段階ごとに発信します。


自然災害に対する将来構想イメージ          


自然災害におけるRCM(Risk Communication Management)の実現

*リスクコミュニケーションとは、災害や環境問題、原子力施設などから人類や生態系が受ける影響・リスクをめぐり、企業、専門家、行政、消費者、地域住民などの間で行われる情報伝達。正確な情報を共有し、安全対策や許容できるリスクについて相互の意思疎通、共通認識の構築、合意形成を図ることを期待する言葉。


ダミー画像