ALDO SAFETY Inc.

To save avoidable losses and deaths ALDO SAFETY proposes customer-specific measures.

The mission of ALDO SAFETY

There are many losses that could be avoided. There are many deaths that could be avoided.
We remember that Typhoon Hagibis (2019) caused an inundation to the Nagano Depot for Hokuriku-Shinkansen, resulting in a \30 billion loss for the operator. We have seen too many disasters around the world. When Hurricane Sandy attacked US northeast coast in 2012, one of the medical centers in New York experienced a blackout due to the inundation from storm surges. To save avoidable losses and deaths ALDO SAFETY proposes customer-specific measures.

We have 3 missions:

Saving the Earth.

You have heard about “climate change” or the “climate crisis.” Two cases of disaster mentioned above are associated with it. Paris Agreement was adopted in 2015, which aimed to reduce the emission of green-house gasses causing climate change. This reduction will be a tough challenge. We, along with others, will lead this process.

Providing the society with greater safety.

With a changing climate, the features of disasters become unprecedented and divergent. Its impacts depend on variety of factors including locations and vulnerabilities of stakeholders. From the viewpoint of individual customers, ALDO SAFETY will propose customer-specific measures to enhance the society of its safety.

Generating jobs in the field of safety.

A number of disciplines of science and technology are responsible to reduce disaster losses. We must integrate them to create the value of safety. This business that the society has never had before will generate many jobs.

Losses and deaths that could be avoided

News

Under construction about below contents



BUSINESS

防げるはずの被害を防ぎ、救えるはずの人命を救う! それをたしかなものにするのがわたしたちの事業です。

これまで経験したことのないような自然災害が、いつ自分の身に降りかかるかしれない時代です。それでも、最悪の事態の多くはあなたのイニシアチブで避けられます。防災にはあなた(とあなたの施設)自身にしかできないことがあります。「あなたの防災」です。
伊勢湾台風の時代に比べて気象予測の技術は格段の進歩をとげています。災害を理解する知見とそれを防止する手立て、そして情報伝達技術についてもおなじことがいえます。それら多くの分野にまたがる最新の成果は、「あなたの防災」という視点で再構成することによって、はじめてあなたの役に立ちます。

「あなたの防災」は、あなたのリスクを適切に診断することから始まります。リスクはあなたの施設がどういう種類の自然の力の影響を受けるか、によっても、それに耐えるあなたの施設の力によっても異なるだけでなく、あなたが大切にする価値によっても違います。

アルドセイフティは、あなたのホーム・ドクターとして、あなたのリスクを診断し、科学・技術の最新の知見と成果をあなたの防災のためにアレンジします。

Business overview

お客様(事業所や個人)のリスクを軽減し、それによって生まれるセイフティを買っていただきます。
リスクを軽減するために、わたしたちは、科学技術の最新の成果物をお客様のリスク特性にあわせてインテグレートします。


Services

医療の話ですが、医薬品を含めて治療法は疾患ごとに開発されます。この流れを個々の患者にフォーカスして組替える機能があります。それをプライマリケアといいます。地域のクリニックのお医者さんの機能です。お医者さんは患者を診断して医薬品など治療法を処方します。災害のリスクについても、自分がどんな災害にリスクを有しているのか、それに備えるにはどの情報に注意していればいいのか、教えてくれる機能が社会に必要です。わたしたちはこの機能を「リスクケア」と呼んでいます。防災におけるあなたのホーム・ドクターであるアルドセイフティが担うのが「リスクケア」の機能として次のサービスとなります。

既存施設向けサービス

立地診断サービス

サービスご報告書例

以下はサンプルのサービスご報告書例のイメージです。 詳細はCONTACTよりお問い合わせください。


FUTURE

Private Warning

あなたの防災体制の段階移行(注意体制⇒警戒態勢など)の目安となるシグナルを自動的に発信する仕組みです。利用者ごと、ハザード(災害の原因となる洪水や土石流などの自然現象)ごと、さらには対応の段階ごとに発信します。

自然災害に対する将来構想イメージ

自然災害におけるRCM(Risk Communication Management)の実現

*リスクコミュニケーションとは、災害や環境問題、原子力施設などから人類や生態系が受ける影響・リスクをめぐり、企業、専門家、行政、消費者、地域住民などの間で行われる情報伝達。正確な情報を共有し、安全対策や許容できるリスクについて相互の意思疎通、共通認識の構築、合意形成を図ることを期待する言葉。